IPLounge Summer Session2014「人のつながりから見る研究開発動向」

サイテーションなど文献に注目した調査手法は、対象テーマが具体的に絞れているときは有効ですが、俯瞰的な動向把握には必ずしも適していません。
他社の技術動向や研究開発規模を把握するときには、“人のつながり、人の動き”が一つの有効な指標になります。
今回のSummer Sessionでは、大手製造業の技術戦略室ストラテジストをお招きして、論文や特許の共著関係を群として可視化して全体的な技術動向の集中と変遷を把握するという方法論についてお話いただくセッションを開催しました。


2014.8.23 IPLounge Summer Session2014 セミナ&ワークショップ

●テーマ 「人のつながりから見る研究開発動向」
●時 間  17:00〜19:00
●講 師  大手製造業 技術戦略室 ストラテジストさま
●コーディネータ 沙魚川久史

 

関連記事

ページ上部へ戻る