おしらせ

IPL_member

header おしらせ一覧

日付

内容

2016.02.01 2016年2月27日、東京理科大学 神楽坂キャンパスにて開催されるものこと双発学会 2015年度 年次学術研究発表大会にて、IPLoungeから以下のメンバーが発表を行います。
【研究発表】
・(D1) 所有から利用へのパラダイムシフトに伴うサービスビジネスの変容〜映像配信ビジネスにおける顧客価値形成の変化に対する一考察〜
 沙魚川久史
・(D2) IoTのアウトカムスタディ
 沙魚川久史
・(G1) ものこと双発に見る Open Innovation 2.0
 沙魚川久史
・(I1) IoT化の進展に伴う事業領域と技術領域の変容
 佐藤智文、竹内均、大城裕太、沙魚川久史
2015.11.01 2015年12月6日、東京大学 本郷キャンパスにて開催される日本知財学会 2015年度 年次学術研究発表大会にて、IPLoungeから以下のメンバーが発表を行います。
【研究発表】
・(1B3)翻案権侵害における全体比較論に関する一考察
 清水利明
・(2B5)オンラインゲーム上のチート行為に対する法的対応
 安田和史
・(2C7)IoTのアウトカムスタディ
 沙魚川久史
・(2C8)所有から利用へのパラダイムシフトに伴うサービスビジネスの変容~映像配信サービスにおける顧客価値形成の変化に対する一考察~
 沙魚川久史
・(2C9)IoT化の進展に伴う事業領域と技術領域の変容
 佐藤智文、竹内均、大城裕太、沙魚川久史
2015.03.01 2015年3月14日、東京理科大学 葛飾神楽坂キャンパスにて開催されるものこと双発学会 2014年度 年次学術研究発表大会にて、IPLoungeから以下のメンバーが発表を行います。
【研究発表】
・(A1)ものこと双発というコンセプト~ものことづくりを巡る課題と議論
 沙魚川久史
・(B1)特許情報から見るキーマン依存度と研究開発動向に関する一考察
 竹内均、大城裕太、佐藤智文、沙魚川久史
・(D1)サービス価値共創に伴う支援技術とビジネスモデルの変容に関する一考察
 沙魚川久史
2014.12.12 2014年12月に刊行された日本知財学会10周年記念書籍「知的財産イノベーション研究の展望(白桃書房)」に、IPLoungeメンバーの論文が掲載されています。
・「第5章 所有から利用へのパラダイムシフトに伴うサービスとデバイスの相互作用」
  沙魚川久史(共著)
2014.11.01 2014年11月30日-11月31日、東京理科大学 葛飾キャンパスにて開催される日本知財学会 第12回年次学術研究発表会にて、IPLoungeから以下のメンバーが発表を行います。
【研究発表】
・(1B3)平成23年不正競争防止法改正とマジコン等への影響
 安田和史
・(1G3)ものこと双発というコンセプト~ものづくり企業へのことづくり啓蒙とその議論
 沙魚川久史
・(1H4)特許情報から見るキーマン依存度と研究開発動向に関する一考察
 竹内均、大城裕太、佐藤智文、沙魚川久史
・(1B5)スポーツに関わる著作権・著作隣接権・パブリシティー権
 清水利明
・(1G5)サービス価値共創に伴う支援技術とビジネスモデルの変容に関する一考察
 沙魚川久史
・(2B1)著作権等管理事業における独占禁止法の問題について
 安田和史
2014.10.20 2014年10月に発刊された東和知財研究 第6巻 第2号に、IPLoungeメンバーの論考が掲載されています。webでも公表されています。
・「サービス企業の技術マネジメント~デバイスとの協働による価値拡大に向けて」
  沙魚川久史
・「技術的制限手段回避装置にかかる平成23年不正競争防止法改正の影響について」
  安田和史
2014.05.01 IPLoungeメンバーが参加している(独)科学技術振興機構 研究開発戦略センター(JST CRDS)のワーキンググループより、2013年度のプログレスレポートが発刊されました。<記事>
2014.03.01 2014年3月15日、東京理科大学にて開催される日本MOT学会 第5回年次研究発表会にて、IPLoungeから以下のメンバーが発表を行います。<記事>
【研究発表】
・(2-1)研究開発プロジェクトにおけるキーマン依存度のパフォーマンスへの影響に関する一考察
大城裕太、竹内均、佐藤智文、沙魚川久史
・(4-1)スマートシティに見る都市の新たな機能と価値~サービス視点の一考察
沙魚川久史
・(4-3)サービス価値共創に伴う支援技術の変化に関する一考察
沙魚川久史
2013.11.09 2013年11月30日-12月1日、青山学院大学にて開催される日本知財学会 第11回年次学術研究発表会にて、IPLoungeから以下のメンバーが発表を行います。<記事>
【研究発表】
・(1D2)スマートシティに見る都市の新たな機能と価値~サービス視点の一考察
沙魚川久史
・(1D3)サービス価値共創に伴う支援技術の変化と知財マネジメントに関する一考察
沙魚川久史
・(1B6)日本版フェアユース規定導入議論の再検討〜平成24年改正の経緯と今後の展望・課題
清水利明
・(2B5)著作権法における規範的主体論と差止の範囲に関する検討
安田和史
・(2A10)商標法4条1項11号に係る商標の類比判断と取引実情の考慮
清水利明
・(2H10)特許情報から見るキーマン依存度のパフォーマンスへの影響に関する一考察
竹内均、大城裕太、佐藤智文、沙魚川久史
【招待講演】
・知財学ゼミナールテーマセッション
「所有から利用へのパラダイムシフトに伴うサービスとデバイスの相互作用」
沙魚川久史
2013.08.23 2013年9月1日 Summer Sessionとして準オープンセミナーを開催します。 オフレコ情報が多いので“準”オープンとさせて頂きました。
「スマホを使うことで驚異的に安価小型を実現した線量計「ポケットガイガー」に見る現代的スタートアップ」<記事>
2013.08.22 IPLounge Webサイトリニューアルしました。 IPLounge 旧サイトはこちら
ページ上部へ戻る