日本知財学会 第12回年次学術研究発表会

2014年11月29日-30日、東京理科大学 葛飾キャンパスにて日本知財学会 第12回年次学術研究発表会が開催されました。
IPLoungeから以下のメンバーが発表を行っています。日本知財学会サイトから予稿集だけ購入もできますのでご興味あればご覧下さい。


■研究発表

・(1B3)平成23年不正競争防止法改正とマジコン等への影響
 安田和史

・(1G3)ものこと双発というコンセプト~ものづくり企業へのことづくり啓蒙とその議論
 沙魚川久史

・(1H4)特許情報から見るキーマン依存度と研究開発動向に関する一考察
 竹内均、大城裕太、佐藤智文、沙魚川久史

・(1B5)スポーツに関わる著作権・著作隣接権・パブリシティー権
 清水利明

・(1G5)サービス価値共創に伴う支援技術とビジネスモデルの変容に関する一考察
 沙魚川久史

・(2B1)著作権等管理事業における独占禁止法の問題について
 安田和史

関連記事

ページ上部へ戻る