日本知財学会 第13回年次学術研究発表会

2015年12月5日-6日、東京大学 本郷キャンパスにて日本知財学会 第13回年次学術研究発表会が開催されました。
IPLoungeから以下のメンバーが発表を行っています。日本知財学会サイトから予稿集だけ購入もできますのでご興味あればご覧下さい。


■研究発表

・(1B3)翻案権侵害における全体比較論に関する一考察
清水利明

・(2B5)オンラインゲーム上のチート行為に対する法的対応
安田和史

・(2C7)IoTのアウトカムスタディ
沙魚川久史

・(2C8)所有から利用へのパラダイムシフトに伴うサービスビジネスの変容~映像配信サービスにおける顧客価値形成の変化に対する一考察~
沙魚川久史

・(2C9)IoT化の進展に伴う事業領域と技術領域の変容
佐藤智文、竹内均、大城裕太、沙魚川久史

 

関連記事

ページ上部へ戻る